掲載日:2018年03月23日

水産加工業の負担軽く/低利融資、補助金併用で/江田氏

 衆院農林水産委員会は22日、水産加工施設の改良などに必要な資金を長期・低利で貸し付ける水産加工資金法の期限を5年延長する改正案を採決し、全会一致で可決した。

 採決に先立つ質疑で公明党の江田康幸氏は、東日本大震災からの復旧・復興で同資金が果たしてきた役割を確認する一方、「事業者にとってみれば、低利融資は助かるが借金に変わりはない」と指摘。

 中小企業の設備投資を支援する「ものづくり補助金」などと併せて同資金の融資を受ければ大きな負担軽減につながるとして、政府の見解を求めた。【写真】

 斎藤健農水相は、周知に努める考えを示した。
Copyright(C)2013 PICT. All rights reserved.