掲載日:2018年04月24日

高規格道路など団体の要望聞く/熊本市で石井国交相

 石井啓一国土交通相(公明党)はこのほど、熊本市内で行われた党熊本県本部(代表=城下広作県議)の政策要望懇談会に参加した【写真】

 江田康幸衆院議員、河野義博参院議員と地元議員が同席した。


 この中で中九州・地域高規格道路推進期成会の荒木義行会長(合志市長)は、熊本県と大分県を結ぶ地域高規格道路(中九州横断道路)について、「災害時、熊本、大分両県の支援を可能にする」と説明。

 さらに、沿線には物流拠点や観光資源が多く、「地域経済がさらに活性化される」と言及し、早期の整備を要望した。石井国交相は「一日も早い全線開通に全力を挙げる」と答えた。

 懇談会では、同県トラック協会(住永豊武会長)、同県土地家屋調査会(吉田末春会長)と同県公共嘱託登記土地家屋調査士協会(田中秀和理事長)、熊本天草間幹線道路整備促進期成会(中村五木会長=天草市長)と熊本天草幹線道路整備促進協議会(池田正三郎会長)、天草地域国県道路整備促進期成会(堀江隆臣会長=上天草市長)から要望を受けた。
Copyright(C)2013 PICT. All rights reserved.