掲載日:2019年05月13日

患者会と一丸で難病対策を推進/JPA総会で江田氏

▲決意を述べる江田氏
 公明党難病対策推進本部の江田康幸本部長(衆院議員)は12日、都内で開かれた日本難病・疾病団体協議会(JPA)の第15回総会に出席し、「難病対策を前進させるため、患者会と一丸となって取り組む」と強調した。

 江田本部長は、JPAの長年の活動に心から謝意を表明。
 公明党の主導で成立した難病医療法が、来年1月に施行後5年の見直しを迎えることを踏まえ、引き続き患者の声が施策に反映されるよう支援すると述べた。
Copyright(C)2013 PICT. All rights reserved.