掲載日:2020年03月31日

海洋プラ対策に有望党推進委が開発者招き、植物由来の容器製造技術聞く

▲小松氏から生分解性プラスチック製品の説明を受ける江田委員長(右から2人目)
 公明党の「海洋プラスチックごみ等対策推進委員会」(委員長=江田康幸衆院議員)は3月30日、参院議員会館で小松技術士事務所(福島県いわき市)の小松道男所長を招き、海洋汚染対策に有望とされる植物由来の生分解性プラスチック容器を製造する技術を聞いた。
 小松氏は、自然に分解されない石油由来のプラスチックごみによる海洋汚染への対策が国際的に進められていると強調。

 その中で小松氏が、トウモロコシなどから抽出したでんぷんと乳酸菌が原料のプラスチック「ポリ乳酸」で、薄くて丈夫なコップなどを成形する技術を世界に先駆けて実用化させたと説明した。

 江田委員長は、こうした技術開発を「しっかりと支えていく」と述べた。
Copyright(C)2013 PICT. All rights reserved.