掲載日:2020年06月30日

コロナ禍 公明、精力的に調査/現場の声を支援策に生かす

▲ ホテル別府パストラル関係者から話を聞く江田康幸衆院議員
 江田康幸衆院議員は、大分県別府市の「ホテル別府パストラル」を訪問し、関係者から話を聴いた。地元市議が同行した。

 同ホテルは、4月下旬から休業し、今月1日に営業を再開したが、大野洋一管理部長は「まだまだ客足は戻らない」と窮状を吐露。一刻も早いコロナの収束とともに、政府の観光需要喚起策「Go Toトラベル」事業などに期待を寄せた。

 江田氏は、感染拡大防止を進めながら「安心して訪れてもらえるよう、観光需要の回復を強力に推進していく」と述べた。

 このほか、江田氏は市内の訪問介護事業所や介護老人保健施設も訪れ、関係者から話を聴いた。
Copyright(C)2013 PICT. All rights reserved.