2018年03月02日

神経難病団体から医療費助成で要望/難病対策推進本部江田本部長

▲神経難病団体ネットワークの皆さんから要望を受け、懇談するる江田氏(右端)=1日 国会江田事務所
 公明党難病対策推進本部の江田康幸本部長(衆院議員)は1日、衆院第1議員会館で、パーキンソン病など八つの患者会からなる神経難病団体ネットワークから、難病対策の医療費助成で要望を受けた。
 席上、患者会側は助成対象の基準となる「重症度分類」について、治療などにより「軽症」と判断されると対象外となる場合があることから、見直しを訴えた。

 江田本部長は「要望をしっかりと受け止め、対応していきたい」と答えた。
▲神経難病ネットワーク8団体の代表から要望を受ける江田氏(右から3番目)=1日 国会江田事務所
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.