2020年07月12日
山口代表、豪雨被害の熊本へ
総力挙げ日常取り戻す/不安募る住民見舞う/住まい、健康など生活再建支援が急務


 熊本県南部に甚大な被害を出した豪雨は11日、発生から1週間となった。依然6人が行方不明となり、自衛隊などが引き続き捜索。人吉市と山江村では仮設住宅の建設も始まるなど復興に向けた動きも出ている。

 今回の豪雨災害の死者は九州北部での豪雨も含め、九州全体で64人。公明党の山口那津男代表は同日、降りしきる雨の中、人吉市、芦北町、八代市に入り、被災状況を調査するとともに、住民や避難者を見舞い、現場の声をつぶさに聴き取った。山口代表は「被災者の生活再建に向けた支援に党の総力を挙げる」と力説した。

 この日の視察には、党「令和2年7月豪雨」災害対策本部の江田康幸本部長代理(衆院議員)のほか、金城泰邦党市民活動局次長、同県本部の城下広作代表(県議)、地元県議、市議が同行した。

 山口代表は、球磨川の氾濫で多数の家屋浸水が発生した県南部の人吉市へ。土砂のかき出しや、家財道具の後片付けに汗を流す住民から被災状況を聴取した。

 江戸時代から続く老舗温泉旅館「人吉温泉 鍋屋本館」では、同旅館会長の富田正彦さんと、妻で、おかみの峰子さんが「コロナ禍と今回の災害の二重苦。再建に幾ら費用がかかるのか、いつごろ復旧できるのか全く見通せない」と窮状を吐露した。山口代表は「一日も早く日常の生活が取り戻せるよう力を合わせて取り組みます」と言葉を掛けた。

 その後、今なお約800人が身を寄せている指定避難所・人吉スポーツパレスや、人吉第二中学校の避難所を訪ね、一人一人に声を掛けた。避難していた豊永祐二さん、祐子さん夫妻は「ここは高齢者が多いので、健康不安が心配」と語ると、山口代表は「お体を大切にしてください。困り事があれば何でも公明党に伝えてください。きめ細かく対応します」と励ました。

 次いで山口代表は、10人の死亡が確認された芦北町に移動し、大規模な土砂崩れが発生した田川地区を視察するとともに、犠牲者の冥福を祈った。住民の山下俵一さんは「知人の家が土砂に埋まり、3人もの命を亡くした」と話した。

 続いて記録的な豪雨に見舞われた八代市を訪問。市総合体育館を訪れ、避難している住民に対し「生活する上で足りないものはありますか」と声を掛け、避難者の話にじっくり耳を傾けた。中村博生市長と被害状況などに関して意見を交換した。

 これに先立ち、山口代表は県庁を訪れ、蒲島郁夫知事と意見を交わし、緊密に連携して被災地支援に取り組むことを確認した。

 視察を終え、山口代表は「被災地の厳しい実情を五体で受け止め状況を把握した」と述べた上で、公明党のネットワークを生かし、復旧・復興に総力を挙げる考えを表明。どこまでも被災者に寄り添った支援に全力を挙げていくと強調した。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.