2020年07月12日
激甚災害の早期指定へ/知事から要請受ける/熊本で山口代表

▲山口代表と共に蒲島知事からの要望を受ける江田康幸本部長代理
 公明党の山口那津男代表は11日、熊本県庁で蒲島郁夫知事と会い、豪雨による被災地の復旧や、被災者支援について要望を受けた。江田康幸衆院議員、金城泰邦党市民活動局次長、県議、市議が同席した。

 蒲島知事は今回の洪水被害について、「熊本県の歴史の中でも最も大規模なものではないか」と説明。その上で、被害の状況や仮設住宅の建設が始まることを語り、「熊本地震の際と同様の支援を」と要請した。

 山口代表は、被災者へのお見舞いを述べ、政府に対し、激甚災害の早期指定を求めていくと強調。避難所ができる限り快適になるよう、全力を挙げることも伝え「あらゆる課題に国と地方(の議員)で役割分担し対応していく」と語った。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.