掲載日:2021年01月30日

「まん延防止措置」有効江田氏に参考人/地域絞った早期対応必要

 衆院内閣委員会は29日、新型コロナウイルス対策の実効性を高めるための特別措置法等改正案に関する参考人質疑を行い、公明党の江田康幸氏が質問に立った。

 江田氏は、緊急事態宣言の前段階として「まん延防止等重点措置」を創設する効果について、参考人の見解を聞いた。

 これに対し、東邦大学教授の舘田一博参考人は「緊急事態宣言の前段階で措置が取れていれば(感染を)小さく短く抑えられた」と強調。「地域を絞った形で一般市民にアラートを出すような法律はあっても良い」と述べた。

 また、江田氏が宿泊療養・自宅療養の協力要請規定を新設する意義について聞いたのに対し、舘田参考人は、感染者を適切な場所に移す意味で重要だと述べた。

衆議院内閣委員会議事速報(未定稿)(令和3年01月29日)
Copyright(C)2013 PICT. All rights reserved.