2021年02月16日
有効・安全性 人種差なし/党PTで政府、米ファイザー製ワクチンを説明

 公明党の新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチーム(PT、座長=高木美智代衆院議員、座長代理=江田康幸衆院議員)と医療制度委員会(委員長=秋野公造参院議員)は15日、衆院第2議員会館で、14日に新型コロナワクチンとして承認された米ファイザー製などについて説明を受けた。

 厚生労働省側は、同社製ワクチンの有効性と安全性について、国外と国内それぞれの治験結果を踏まえ、特段の人種差がなかったと報告。接種対象年齢を16歳以上とした理由として「現時点で、15歳以下の集団に対する十分なデータが存在しない」とした。

 接種に際し、注意すべきで、さらなる情報収集を実施する対象として、妊婦、基礎疾患のある人、虚弱な高齢者を挙げた。
 妊婦については「生殖発生毒性試験において特段の懸念が認められていないことなどから、予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種可能」とされたことを説明し、予防接種法に基づく接種の努力義務は課さない考えを示した。

 公明党側は「妊婦と生まれてくる赤ちゃん、それぞれへの影響の有無などについて、誤解を生まないよう、丁寧な説明に努めるべきだ」と訴えた。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.