2021年03月09日
脱炭素社会の実現について問う/衆院環境委にて大臣所信に対する質疑

 江田康幸衆院議員は、9日の衆院環境委において大臣所信に対する質疑を行ない、2050年カーボンニュートラルの目標を実現する2030年の温室効果ガス排出削減の中期目標について、現行の目標の26%よりもかなり野心的な目標に見直すべきと主張した上で、小泉環境大臣に検討状況を問うた。

 これに対し、小泉大臣は、「環境大臣そして気候変動担当大臣としても、総理が日本として整合性のあるものをしっかりと国際社会に表明していただけるような環境をつくる必要を感じている」として上で、関係省庁ともよく連携をして、しっかりと国際会議についての対応方針を決めていきたい、そして、総理に対しても、そういったものをつくり上げて、臨める形をつくっていけるように努力をしていきたいとの認識を示した。

衆議院環境委員会議事速報(未定稿)(令和3年03月09日)
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.