2021年04月17日
承認制度の運用、弾力的に/KMB、塩野義製薬など実用化へ課題指摘/ワクチン巡り党合同会議

 公明党の新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチーム(PT、座長=高木美智代衆院議員、座長代理=江田康幸衆院議員)と医療制度委員会(委員長=秋野公造参院議員)は16日、参院議員会館で合同会議を開き、遺伝子組み換え技術を活用したワクチン開発に取り組む塩野義製薬株式会社の手代木功代表取締役社長から、現状と課題を聞いた。

 手代木社長は、これまでの臨床試験(治験)で、高い安全性が示されていると報告した。実用化への課題では、先行するワクチンの普及により、偽薬を使う数万人規模の治験を実施することが困難になる可能性を指摘。緊急事態に対応する観点から、「条件付き早期承認制度の弾力的な運用が必要だ」と述べた。

 これに先立ち、合同会議は衆院第1議員会館で、KMバイオロジクス株式会社の永里敏秋代表取締役社長から、ワクチン開発の課題などを聞いた。

Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.