2017年05月29日

難病対策に患者・家族の声を反映/JPA総会で江田氏

 公明党難病対策推進本部の江田康幸本部長(衆院議員)は28日、都内で開かれた日本難病・疾病団体協議会(JPA)の総会に出席し、難病の治療薬開発や地域における医療提供体制の構築、就労支援の推進に全力を挙げると訴えた【写真】

 江田氏は、国の難病対策の充実に向けて、全国の患者・家族の生活実態調査などを実施していくべきと指摘。「今後ともしっかり寄り添って、当事者の皆さんの意見を国の施策に反映させる」と語った。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.