2018年04月10日

熊本地震/災害公営住宅を視察 山口代表/西原村


▲災害公営住宅の建設現場を視察し、日置村長(左端)から話を聞く山口代表(右から4人目)、江田衆議(左から2人目)ら=8日 熊本・西原村
 公明党の山口那津男代表は8日、熊本県西原村の山西地区で建設中の災害公営住宅(45戸)を視察した。

 建設地は、近くに村立山西小学校や病院もあり、利便性が高い。村震災復興推進課の山田孝係長は「7月までに完成させ、8月の入居開始をめざす」と説明。

 日置和彦村長は「県内で最も早く完成する復興住宅。宅地が整備されれば、(村外に避難している)住民も戻ってくるはず」と期待を込めた。

 視察後、山口代表は「恒久的な住まいの確保は、被災者の希望になる。今後も、国と被災自治体が力を合わせ、復興をさらに進めていく」と語った。

 同視察には江田康幸衆院議員、河野義博参院議員、吉田宣弘・党九州団体渉外局長(前衆院議員)、党熊本県議団の城下広作、氷室雄一郎、前田憲秀の各議員が同行した。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.