2018年11月16日
九州道路網の着実な整備を要請/公明議員に国道協会
▲九州国道協会から要望書を受け取る江田氏(左から3人目)

 公明党の江田康幸衆院議員、秋野公造、高瀬弘美の両参院議員は15日、衆院第1議員会館で、九州国道協会(会長=田上富久・長崎市長)から、九州の道路網の整備に関する要望を受けた。

 席上、田上会長は、「熊本地震や九州北部豪雨災害からの復旧・復興にとどまらない着実な道路整備をお願いしたい」と述べ、必要な予算の確保を要請。

 江田氏らは「実現に向けて全力で取り組みたい」と応じた。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.