2019年02月18日
国民の命を守る政治を実現//県政報告会で江田氏
▲命を守る政治を力説する江田氏(右)と、森下県議=同 北九州市門司区

 江田康幸衆院議員は、北九州市門司区で開かれた、森下ひろし・福岡県議(県議選予定候補)の県政報告会であいさつした。

 江田氏は、公明党の主張で政府が2018年度から3年間で総事業費7兆円規模の防災・減災対策を進めると報告。

 堤防のかさ上げや地域のインフラ整備が進むとし、「国民の命を守る政治を一貫して実現してきたのが公明党だ」と力説した。

 森下県議は、救急医療電話相談「#7119」の導入実現などを紹介し、「高齢者施策の充実や若者の雇用促進などをさらに進める」と訴えた。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.