2019年05月29日
創造的復興へ財政支援/山口代表に熊本県知事 空港直通の鉄道整備で
▲山口代表とともに要望受ける江田氏(右から4人目)
 公明党の山口那津男代表は28日、国会内で、熊本県の蒲島郁夫知事から、2016年に発生した熊本地震からの復興に向けた取り組みに関して要望を受けた。党九州方面本部に所属する国会議員が同席した。
 蒲島知事は、地震で被災した「阿蘇くまもと空港」で、23年に国内線と国際線が一体となった旅客ターミナルビルが完成する計画に言及。
 ビルの建設に合わせ、空港に直通する鉄道を整備して交通アクセスを強化する重要性を強調し、「交流人口の増加による創造的復興を進めるためにも鉄道整備への財政支援をお願いしたい」と述べた。
▲蒲島知事(奥左から2人目)から要望を受ける山口代表(右から3人目)ら=28日 国会内
 山口代表は、「要望内容が実現するように党として力強くバックアップしたい」と語った。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.