2020年04月03日
新型コロナの抗体検査巡り意見交換/党合同会議

▲ 岩渕氏(右上)と意見交換をする江田氏(左上)  公明党の医療等現場におけるICT利活用推進委員会(委員長=輿水恵一前衆院議員)と厚生労働部会(部会長=高木美智代衆院議員)、医療制度委員会(委員長=秋野公造参院議員)は4月2日、参院議員会館で合同会議を開き、血液を使って新型コロナウイルスの抗体の有無や免疫抗体を短時間で検出する簡易検査キットを巡り、開発したセルスペクト株式会社の岩渕拓也代表取締役と意見交換した。
 岩渕氏は、同ウイルスを検出するPCR検査と抗体検査を組み合わせると、陽性的中率が98%程度になるとする海外の論文を紹介し、「国内製造に向けた取り組みを進めている」と述べた。

 秋野氏は「幅広く検査が必要になった時に備え、簡易検査の実用化を後押ししたい」と語った。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.