2020年08月03日
なりわい再建に全力/大分の豪雨被災地を訪問/江田氏


▲いまだに泥のかき出し作業が続く温泉旅館の経営者(右から2人目)から話を聴く江田氏(左隣)ら
 公明党の江田康幸衆院議員は2日、大分県中津市と九重町を訪れ、豪雨による被災状況を調査するとともに住民らを見舞った。河野成司、戸高賢史の両県議、松葉民雄、小住利子の両中津市議、秦時雄・玖珠町議が同行した。

 このうち九重町では、町田川の支流が氾濫して浸水被害に遭った「ほたるとかじかの宿 旅館九重」(矢野陽一代表)を訪問。このほど閣議決定された「対策パッケージ」の「なりわい再建補助金」について江田氏が紹介すると、矢野さんは「本当にありがたい。希望が見えてきた」と顔をほころばせた。

 一連の視察後、江田氏は「今後も、きめ細かく声を聴き、復旧を進める」と話していた。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.