2021年02月23日
コロナ治療:既存薬の転用 着実に/抗寄生虫薬の効果紹介/党会合で識者講演

 公明党の新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチーム(PT、座長=高木美智代衆院議員、座長代理=江田康幸衆院議員)などは22日、衆院第2議員会館で、既存薬のコロナ治療への転用の可能性を探るため、北里大学大村智記念研究所の砂塚敏明所長から、同大学が開発に貢献した抗寄生虫薬「イベルメクチン」について聞いた。山口那津男代表らも出席した。
 砂塚所長は、新型コロナ患者にイベルメクチンを投与した海外の臨床試験の結果を紹介。死亡率の低下やウイルス消失までの日数の減少といった効果が示されたと報告した。また、安価であり、肺炎の重症化抑制も期待できると強調した。

 山口代表は「ワクチン接種と並んで、治療薬の開発・普及は重要なテーマだ」とあいさつ。高木座長は、イベルメクチンの活用へ「後押ししたい」と述べた。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.