2021年05月27日
新鳥栖―武雄温泉、整備の課題を議論/与党九州新幹線委

 自民、公明両党の与党「九州新幹線(西九州ルート)検討委員会」は26日、衆院第2議員会館で会合を開き、九州新幹線と2022年秋に開業予定の「西九州新幹線」(長崎ルート)を結ぶ新鳥栖―武雄温泉間の新幹線整備に向けた課題などを議論した。

 公明党からは、同委の委員長代理を務める江田康幸衆院議員と、秋野公造参院議員が出席。会合では、地方負担や地域振興などを検討した上で、引き続き協議していくことを確認した。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.