2018年04月19日
浄化槽システムの低炭素化で要望/懇話会に全浄連

▲懇話会で全浄連の要望に対して、更なる取り組みの決意を述べる江田氏=18日 
 衆院第1議員会館
 公明党の浄化槽整備推進議員懇話会(会長=斉藤鉄夫幹事長代行、幹事長=江田康幸衆院議員)は18日、衆院第1議員会館で全国浄化槽団体連合会(全浄連)の加藤敬規会長から、浄化槽システムの低炭素化に向けた支援などに関して要望を受けた。

 山口那津男代表、石田祝稔政調会長も出席した。
▲あいさつする石田政調会長会長
 山口代表は、国際社会の中で日本が浄化槽システムの整備を推進する重要性を強調し、「大きな広い視野に立って共に歩みを進めたい」と語った。

 加藤会長は、「システム全体の低炭素化を図ることが国際貢献につながる」と述べ、先進的な省エネ型浄化槽の導入を促進する助成制度の拡充などを求めた。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.