2018年05月17日
捕鯨巡る国際委員会の議論主導せよ江田氏

 16日の衆院農林水産委員会で公明党の江田康幸氏は、鯨の保護と持続的な利用を話し合う国際捕鯨委員会(IWC)で、科学的な調査の下で行われる商業捕鯨などについて、加盟国間で具体的な議論が進んでいない現状を指摘。

「日本が積極的にIWCの議論を主導すべき」と訴えた【写真】
 礒崎陽輔農水副大臣は、商業捕鯨などに反対する加盟国に、「議論への参加を強く働き掛けながら、今後の(捕鯨に関する)道筋を示す話し合いを主導していく」と答えた。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.