2018年05月19日
気候変動影響評価/適応計画に反映し実効性を高めよ/江田氏

 衆院環境委員会は18日、気候変動適応法案を全会一致で可決した。

 本法案は、気候変動の影響による被害の回避・軽減策を法的に位置付け、関係者が一丸となって適応策を強力に推進するための措置を講じようとする重要法案。

 採決に先立ち、公明党の江田康幸氏は、中川大臣に気候変動影響評価の結果の活用方針を確認するとともに、適応ビジネスの育成や海外展開が重要であることを訴えた。

 本法案に基づく措置を着実に実行に移して、適応策の実効性を高めることを求めた。【写真】
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.