2020年06月10日
インフル同様の製法採用/ワクチン開発課題訴え/党合同会議で感染研・長谷川氏

▲ 合同会議にて長谷川氏(左)と意見交換をする江田康幸座長代理(右下)

 公明党の新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチーム(座長=高木美智代衆院議員、座長代理=江田康幸衆院議員)などは9日、参院議員会館で合同会議を開き、“組み換えタンパクワクチン”の開発などを進める国立感染症研究所の長谷川秀樹・インフルエンザウイルス研究センター長から、開発の現状や課題を聞いた。

 長谷川氏は、遺伝子組み換え技術を用いる同ワクチンの製造方法について、既にインフルエンザに対するワクチンの製造で実績があることから、「生産施設があり、大量に作れる方法として選択した」と強調。開発を加速化し、「年内に臨床治験ができるよう取り組んでいる」と述べた。

 一方、新型コロナなど危険度の高い病原体を扱える施設が限られているため、ワクチンの大量生産に向けた施設の確保に対する支援の必要性を指摘した。

Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.