2021年09月24日
新型コロナ、飲み薬の開発急務/党PTが識者や製薬会社と意見交換

 公明党の新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチーム(PT、座長=高木美智代衆院議員、座長代理=江田康幸衆院議員)と医療制度委員会(委員長=秋野公造参院議員)は22日、衆院第2議員会館で合同会議を開き、長崎大学医学部第二内科の迎寛教授や塩野義製薬の手代木功社長と、同感染症治療のための飲み薬開発について意見交換した。石井啓一幹事長らが出席した。

 迎教授は、軽症患者について、解熱剤の服用など治療の選択肢が限られ、急速に重症化し自宅で死亡するケースもあったと指摘。感染の初期段階で体内のウイルス量を減少させる飲み薬を服用することで「重症化を“断つ”ことが大切だ」と述べ、開発を急ぐ必要性を強調した。
 国産の飲み薬の開発に向けては、他の専門分野に比べて少ない感染症の専門医が、臨床試験(治験)と治療の両方を担っていることを踏まえ、人材の確保など実施体制の強化を訴えた。

 手代木社長は、開発中の飲み薬について報告。早期の実用化・国内供給に向けた支援を求めた。
Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.